一人暮らしの不用品回収について

一人暮らしにおける大掛かりな不用品回収では、小型のトラックを1台呼んで処分するのがコストパフォーマンスに優れています。
更にお得なサービスを利用すると、コストを最低限に抑えつつ効率的に要らない物を処分する事が出来るはずです。

トラック1台で詰め放題サービスを利用する

軽トラ1台くらいなら、大体どこの業者でも3万円以下の料金で呼ぶ事が出来ます。
そしてトラックに詰められるだけ詰められるサービスを利用すれば、事実上トラックの料金だけで不用品を捨てられます。
こういうサービスは規定の量だけならどんな物を捨てても料金はトラック代で一定されているので、捨てる物によって値段が左右しないのが魅力です。

また、一人暮らしなら処分するゴミも限られているはずなので、軽トラ1台でも事足りる場合がほとんど。
そしてゴミが少ないならスタッフが一人で対応出来るケースが多く、スタッフ増員という追加料金を払う可能性が低いのもメリットです。

トラックに詰められなかった不用品はどうする?

もしトラック1台に全ての不用品が入りきらないからと言って、安易にトラックを更に増やしたりするのは得策ではありません。
余った不用品の数にもよりますが、もし少量ならそれぞれリサイクルに出したり、売れそうな衣類や家電を売ったりしてみましょう。
そして処分単価が高いベッドなどが余ったら、それは業者よりも安く捨てられる自治体で捨てるのも良い方法。
このように余った不用品をそれぞれベストな方法で処分する方が、経済的にも効率的にも優れているはず。
自分じゃどうしようもない不用品はトラックで一括処分、残った物は一つずつ処分方法を決める。
これが一人暮らしにおける最も無駄のない不用品回収の方法です。

一人暮らしの場合はコストパフォーマンスを重視する

家族で住んでいる一軒家の不用品回収ならとてつもない作業になる場合もあるので、予算より手間を省く事を優先してもしょうがないでしょう。
しかし物が少ない一人暮らしなら、その少ない不用品のために予算を膨らませるのは勿体ないと言わざるを得ません。
一人暮らしの人はなるべくコストパフォーマンスを重視して、多少の手間は自分で受け持った方が必ず得をするはずです。